処女との痛くないセックス(2)

処女とセックスするとき、誰でも処女膜を破るということを

頭に浮かべると思います。

有名な話ですが、処女膜といっても実際に膜が存在するわけ

ではありません(それじゃ月経のとき困るでしょ)。

初めての女性とするとき、相手を気遣いながら挿入する

ため、ゆっくりと挿入する男性が多いかもしれませんが、

これはあきらかに逆効果です。

入り口を確かめたら、なるだけ短い時間でこの儀式は

終わらせたほうが痛みが少なくて済みます。

そして処女膜はあまり深いところにはありません。膣の入り口から

およそ2,3センチくらいのところにあります。

つまり、根元まで挿入しなくても破瓜は可能なのです。

結論として、浅くてもよいので、挿入はある程度の速度で

行ったほうが痛みが少ないです。

そして、このままセックスを続けることが出来るかは女性の

個人差があると思います。

普通は「痛い」と女性が言うので、ペニスを抜いて終了との

流れが多いと思います。管理人もほぼこのパターンでした。

処女とするときには、当然ですが自分の快楽や射精などは

考えないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする